思考盗聴

思考盗聴とは簡略的に言い換えていますが、実際には脳波を読み取るもの。脳波を読み取る事が可能な技術が実際に1940年米国で特許がおりています。

かみ砕いて言えば、相手が何を考えているのか脳波を通じて読み取る事が可能です。

それと併せて、ある特定の人物に照射を当てるもの「レーダー」が必要となり、レーダーは1970年代に米国で特許がおりています。

これを使えば、実際に遠く離れたターゲットが何を今考えているのかが分かってしまうんですね。

この技術が作られたという事は実際に使用されているという事であり、使っている者が何かの目的で使用している事が想像できます。

思考盗聴は実在しても、高性能は一般では入手できない

高性能機械でなければ、人の思考を操作したりするまでの高性能機械は

米国での特許のため、軍用として作られた物であり、研究者や一般企業、団体等。誰もが手に入れる事自体不可能に近いそうです。

思考盗聴を真似た技術を使って嫌がらせをしている事実は存在していると私は思っております。

思考盗聴を真似た技術があるという事は、一概に統合失調症などの精神疾患だとは言い切れないのではないでしょうか。

思考盗聴をする目的

思考盗聴だけでなく、集ストの目的自体が、ターゲットの精神を崩壊させ、陥れる目的とされていますね。

仄めかしや、ガスライティングなどの手法と同等で嫌がらせの一種であると考えられます。

精神を崩壊させ、陥れる目的の最終目的は相談者様それぞれで異なりますが、職を失う事に直結したり、病院に入院させる目的。財産目的や

最悪な場合、自殺に追い込む目的もあるのではないでしょうか。

思考盗聴は日本国内では広く知れ渡っていないため、警察へ相談へ行っても相手にしてもらえる可能性が限りなく低い現状です。

お悩みを抱えている方がいらっしゃったら、まずは専門の機関へ相談されることを推奨します。

一人で悩まず、相談する勇気を応援いたします。

集団ストーカー被害対策で覚えておいた方がいい心構え

集団ストーカー被害対策総合窓口

お気軽にご相談ください

探偵事務所ブライトは探偵業法に則り適切なサービスと調査結果報告を行う、千葉県公安委員会に届け出のある正規の探偵事務所です。

当社では、依頼者のプライバシー保護を徹底しており、ご相談時にお聞きした個人情報は厳重な管理の下、第三者に漏れる心配はありません。

ご面談で直接事務所までご来社いただく事が困難な場合や、抵抗をお持ちの場合には、ご依頼者様の指定された場所へ出向いて面談を行う事も可能です。

当社ではこれまでに数多くのご依頼を承っておりますので、人探しや・浮気調査・行動調査・接触工作・コンサルティングまで幅広く経験豊富な調査員とカウンセラーが、ご依頼者様のご要望にお応えさせていただきます。