人探し、行方不明者を探すなら千葉県を拠点とした関東全域対応の探偵事務所ブライト!データ調査は全国対応。本当に安い探偵をお探しなら、ご相談ください!

集団ストーカー被害対策・調査

  • HOME »
  • 集団ストーカー被害対策・調査

集団ストーカーの特徴と狙い

集団ストーカーとは、誰にも気づかれず、本人にだけ”おかしい”と思わせて、精神疾患があるように見せかける目的の”嫌がらせ”です。

  • 何度も同じような現象を目撃したり体感する
  • 自意識過剰な人を演じさせる
  • 「精神疾患」だと家族や友人に思われせる様に緻密に仕立てられる

実際にこれを実行している組織は、会社組織だったり、宗教団体、村や町全体、芸能関係、などの集団組織で、多くの人数を要して仕込んでいる事があります。

集団組織で、多くの人数を要して仕込む理由は様々で、会社組織の場合は主に、被害者が分からないように、間接的な嫌がらせを行い、退職に追い込む場合などがあります。

村八分で村全体で近所からの嫌がらせだったり、ただの愉快犯も存在しているので、被害者には一概に誰が何の為にというのが見えにくくなっている状況なのです。

大人数で周りには分かりづらい嫌がらせを行う事で、物証を残さないようにするのも特徴です。

そのため、被害者は疑心暗鬼になり、精神状態が異常だと周りに思われるようになり、社会生活をまともに送る事が困難になって、社会への復帰も難しくなってしまっているのが現状です。

集団ストーカーが実際に存在するかどうかは、実際被害にあってない方には理解しにくい事柄ですが実際に被害を受けている人は日本だけでなく世界中にいます。

メディアで話題になった事もあるのです。有名人だとASKAサンも被害を受けた一人ですね。

集団ストーカーの手口や種類

実際に行われている手口や種類にはどんなものがあるのか、いくつかご紹介いたします。

ご自身が少しでも当てはまる項目があれば、知らないうちに狙われているかもしれません。

下記項目以外にも手口は多数あります。解決へ導く為の実績が当事務所にはございます、お困りの方はご相談ください。

集団でつきまとわれる

複数人で計画的に被害者につきまとい、大人数で尾行や監視をしているため、逃れる事が難しく、つきまとっている事をわざと見せつけてきて精神的に追い詰める事があります。

そうすると、被害者は家から出る事が次第に怖くなってきますね。

すれ違いざまに悪口や本人にしか分からない事を言われる

被害者が歩いているとすれ違いざまに、”自分にしか分からない事”や”陰口”を囁かれる。

道行く知らない人にすれ違いざまに悪口を言われる事が何度も続くと、偶然ではないことに気付きます。

俗に【ほのめかし】と言って、心理的動揺を狙う事が目的

いわれのない中傷やデマをネット上に流される

悪い噂や誹謗中傷、デマをネット上に書き込む行為は、ある条件を満たせば刑事罰が適用されます。

  • 脅迫罪
  • 名誉毀損罪
  • 侮辱罪

また被害者の権利侵害によって損害が生じたと裁判所が認定すれば、被害者は民事上の賠償責任を訴える事も出来ます。

刑事罰や民事で解決する場合には証拠集めをすることが大切です。

自宅の物が移動する、ポストやごみが荒らされる

被害者が外出し、帰宅した際、

  • 家具の配置が変わっている
  • 物が動いている
  • ポストを荒らされている
  • 出したゴミを荒らされている
  • 物がなくなっていたりする

これは集団ストーカーによる被害の可能性もあります。

この場合は、確実に被害者の家へ何者かが侵入して行っている”嫌がらせ”に値します。

侵入方法は様々で、空き巣のプロよりプロの犯行に近い侵入方法で、証拠を残さず侵入してくる場合もありますが、ほとんどの場合、加害者が被害者に侵入した事を少し気付かせたい思考で行っている可能性が多く、わざと気付かれる様に形跡を残す場合もあります。

ブライティング

“眩しい光”や”繰り返される光”の演出によって、被害者の神経を逆なでする行為で、車のライトだけでなく、自転車のライトをチカチカ点灯させて被害者に向け精神的に被害者を追い詰めます。

被害者が通過するタイミングでゆっくり発進させるといった行動も多くあります。

アンカリング

日常的に存在する人の仕草、音、物、光などの一定のある「条件」を被害者の意識に植え付け、その「条件」によって、心理的動揺を目的としています。

これは集団ストーカー被害にあっている方、またお悩みを抱えているご相談者様から最も多くの報告があり、実際の映像として記録することができます

どんな条件があるのかは様々で例として

  • 腕組み
  • 咳払い
  • 携帯電話
  • 同じ色の服
  • 氷を回す音
  • ご自身だけが分かる意味のある数字

など、誰にでもある日常の出来事であり、なんらおかしな行動や風景ではない事ですが度重なる現象が被害者は何日も繰り返されることで「狙われているという意識」を生じさせるのです。

実際に「腕組み」をしている人は周りを見渡せばいくらでもいます。集団ストーカーたちは、その効果を計画的に理解したうえで、被害者が周りの人(家族や友人)に相談する事を待っています

村八分

ここ最近のご相談で多いのが、”村八分”です。何が目的とされているかは様々で、何かの”切っ掛け”で、小さな集落が集団となって嫌がらせ行為を行っている事が明るみになってきました。

村長や村の長と住民のトラブルが主な原因で、小さな村や町、どこかの団体から個人や家系を的にして行われます。

村八分の怖い所は、引き受けてくれる弁護士が少ない事。長い時間をかけて”嫌がらせ”が行われる為、証拠を集めるまでに相当な時間を要する事。その為に長い苦労と精神的ストレスが与え続けられる点です。

ノイズキャンペーン

被害者の周囲で四六時中なんらかの「音」を立て、被害者が「音」に敏感になるよう仕向ける行為です。

  • 壁を叩く音
  • 室内でのカタカタ、ゴトゴト音
  • 水を流す音
  • 近隣の騒音
  • 外食時のうるさい会話
  • 突然大声で話したり
  • 高笑い・咳払い
  • ドアの閉開音
  • 電磁波の様な音
  • 氷を永遠とかき混ぜる音

あらゆる「音」に敏感になるように仕向けられていて、監視している事をすり込んだり、心理的動揺を目的としています。

様々な「音」は普段何気ない日常生活であってもおかしくない「音」ですが、被害者が意識せざるを得ないのは、頻度とタイミングだと言います。

頻度とタイミングは一貫して、何か行動を起こした時に起こる現象で、この現象を証拠として戦うには、非常に長い時間の記録が必要になってきます。

その他

そのほかにも、電磁波などを使ったテクノロジー犯罪、思考盗聴、コリジョンキャンペーン、マインドゲーム、コインテルプロ、MKウルトラ、パージ工作など千差万別の被害があり、中には殺人事件に発展したあった事から2000年に日本でストーカー規制法が制定され、ストーカーによろう被害の実態が注目されるようになりました。

集団ストーカーを終わらせる方法

集団ストーカーが行われている事を警察や労働基準局、弁護士等の第三者に訴えるには、

  • いつ
  • どこで
  • 誰が
  • 何を
  • なぜ
  • どのように

という説明が出来なければ、被害者本人が「どんな被害をどんな風にあっているのか」を伝える事が出来ず、訴えること自体、説明する事自体が難しいのです。

自分が被害に合っている状況をしっかりと第三者(友人・家族)に説明が出来ないと、どう辛いのかを伝える事ができないですよね。

集団ストーカーを行っている加害者達は身元がバレる事を恐れます。身元がバレないように何人もの人を使い、長い時間をかけて犯行しています。

集団ストーカーが行われているという事実を明らかにし、犯人を特定し、被害者の方たちの安心できる生活を取り戻さなければなりません。

集団ストーカーは複数人であり、手口も巧妙なため、被害にあっている方自身で証拠をつかむことは非常に難しいのです。

ご相談者様のお悩みの中でよく聞かれますのが、

加害者に直接「こういう事をするのはやめてください」と言ってもいいですか?と質問をされあます。

直接言った所でやめてくれるなら、おそらく被害に合ってる方は長い時間悩んでいらっしゃらないはずです。

また、加害者に直接言う事で、余計相手を逆なでして嫌がらせ行為自体がエスカレートする可能性も十分考えられます。

まずは、私たちにご相談ください。ご相談者様の安心できる生活を取り戻すために、被害状況を詳しくお聞きし、どんな調査を行えばいいのかを分析を行い。徹底的に調査します。

集団ストーカーと探偵の調査項目

撮影会社にお勤めの人、又はバイト先などの許可を得て、隠しカメラを設置し、誹謗中傷や悪い噂の会話内容を録音、録画します
潜入調査

会社や団体、グループ等に調査員を潜入させて、グループ内での被害者に対する誹謗中傷や噂を聞き出す。こちらの手法は非常に有力で、グループ内に潜入することでラインのグループに入れたり、張本人であろう人物に近づき、情報を直に聞き出す事ができます

インターネット調査独自の調査方法でSNS上やウェブ上での情報を収集する手法です。場合によって「発信者情報開示請求」が認められれば、被害者に開示される発信者情報を得る事ができます
素行調査

犯人が分かっている場合、また犯人があがってきた場合は、探偵調査の主軸である素行調査で犯人の行動を徹底的に調べます。

素行調査で分かる事は、いつ、どこで、何を、していたかが分かる事で決定的な証拠をおさえる事だけでなく

犯人の仕事、生活状況、趣味嗜好、交友関係、資産状況など犯人に関する情報はほぼ得られます

筆跡鑑定

犯人からの自筆の手紙や嫌がらせの怪文書がある場合は「筆跡鑑定」によって特定することができます。

これには犯人であろう人物の何か触れたものの指紋も同時に採取することで可能になります。鑑定結果は裁判資料としても使えます

指紋鑑定手紙や怪文書があって、自筆でない場合でも、原本があれば指紋はついているかもしれません。こちらも解析結果は裁判資料として使えます
声紋鑑定噂や誹謗中傷の録音データをもとに、声の周波数、アクセント、イントネーション、間の取り方、また人の耳では聞き取れない音色、周波数の違いを分析し鑑定を行います。

集団ストーカーと探偵の調査料金

時間料金タイプ

1時間8.000円~10.000円(調査員一人)車両、交通費、宿泊費(宿泊費がある場合)基本料などが最低限かかります

※こちらのプランは、既に犯人が分かっていて、嫌がらせをする日や場所が予め分かっている、ある程度の情報や被害の証明がある場合に効果的です

調査一式パックタイプ

5日間180.000円~、1か月400.000円~調査日数や調査地域、調査人数、車両台数で金額は変わりますご相談ください

※こちらのプランは、犯人が分かっている(分かっていない場合も可)ある程度犯人が動く日が分かっている。どんな嫌がらせやストーカー行為をされているかが分かっている場合に最適です

成功報酬タイプ

着手金はご用意できる金額で検討させていただいております 着手金相場は約250.000円~要相談、成功報酬は調査の難易度で変わりますご相談ください

犯人の情報もなく、嫌がらせされている内容に規則性がない場合、誰が何の目的で行っているか分からない等、ほとんど情報がない場合に最適です

こちらの料金が基本とし、お持ちの情報や日程が絞れる場合、また連日調査の場合は費用が抑えられる事もございます。

集団ストーカー被害対策調査における成功報酬タイプをお選びのご依頼者様は、どこまでを成功とするかは興信所によって異なります。契約する前に何をもって成功と看做すかを担当と相談してください所在が判明しなかった場合の経費も請求されるのか最初に決めた成功報酬の金額が増える事はないかなど、様々なケースを想定したうえで確認しておきましょう。

はじめて集団ストーカー調査の相談をされる方

集団ストーカー被害者が一人で出来る対応・対策には限りがあります。

もちろんご依頼しなくても一人で出来る対応や対策もございます。

当事務所では無料で一人でも出来る対応・対策・方法をご提案させていただいております。

→【集スト】を一人で行う撃退法

集団ストーカー被害の専門家に相談する事で、早期の問題解決が見込めます。周囲に理解されず精神的に追い込まれている状況であれば、まずは集団ストーカー対策の専門家にご相談ください。

集団ストーカー被害に関する全国の相談窓口

当社は24時間365日対応。面談でのご相談は、担当者に具体的にお話しいただくために現在お持ちの情報などを出来る限りお持ちください。

現在の状況・情報をお持ちいただく事で相談がスムーズに進みます。またお電話でのご相談やメール・ラインでのご相談も24時間対応しております。

集団ストーカー被害対策総合窓口

 

お気軽にご相談ください

探偵事務所ブライトは探偵業法に則り適切なサービスと調査結果報告を行う、千葉県公安委員会に届け出のある正規の探偵事務所です。

当社では、依頼者のプライバシー保護を徹底しており、ご相談時にお聞きした個人情報は厳重な管理の下、第三者に漏れる心配はありません。

ご面談で直接事務所までご来社いただく事が困難な場合や、抵抗をお持ちの場合には、ご依頼者様の指定された場所へ出向いて面談を行う事も可能です。

当社ではこれまでに数多くのご依頼を承っておりますので、人探しや・浮気調査・行動調査・接触工作・コンサルティングまで幅広く経験豊富な調査員とカウンセラーが、ご依頼者様のご要望にお応えさせていただきます。

何度でも相談無料、お気軽にお問い合わせください TEL 0120-546-828 24時間 365日対応

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 探偵事務所ブライト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.